【挫折者必見】社会人のための基礎英文法勉強法とオススメ参考書

忙しい社会人や主婦が効率よく英文法を勉強する方法を紹介します。英文法は英語の「規則性・ルール」を示しており、英語を学ぶにあたって非常に重要な役割を果たします。大学受験を経験していない人にとっては、瞬間英作文や音読パッケージの練習以外に努力しないといけないポイントです。

この記事はこんな人、悩みを抱えている人におすすめの記事です!

・学生以来に英文法を復習したい社会人や主婦

・英文法の重要性が分からない

・英文法の勉強方法が分からない

・英文法の勉強で挫折した(できなかった、覚えられなかった)

・英文法の勉強が非効率だと感じている

英文法を勉強する目的

英文法とは英語の「規則性・ルール」を示しており、スピーキングやライティングも当然これに則っています。現実社会に例えるならば「法律」のようなものです。法律を無視して行動できませんよね?

英文法を無視して英会話をした場合、状況によっては通じるかもしれませんが

非常に違和感を覚える会話になります。

日本語でたとえますと

〇 非常に違和感を覚える会話になります。

× 覚える会話に違和感がなります非常に。

もう何言ってるのか分かりません笑

英語を読もうと思っても理解できない、話しても理解されない

それでは英語を学ぶ意味がありませんよね?

英語で書かれている文字や話された言葉を正しい意味で理解して表現するために文法を学ぶのです 。

メリット

英文法を勉強するメリットは、英語を正しく理解して表現するだけでなく、勉強効率アップにも大きく貢献してくれます!

英語の規則性を学ぶという事は、知識の整理がされやすくなります。

つまり、無駄な脳の労力を使わなくて済むので新しい知識を覚えやすくなります。

例えば、助動詞のCanについて勉強していたとします。

I can speak English(英語を話せるよ)

Can I help you?(手伝おうか?)

My father can be so angry sometimes(お父さんは時々とても怒る事があるよ)

ちゃんと英文法を勉強していないと1文1文バラバラに覚えようとしてしまいます。

「Can=~できる」、「Can=~しましょうか?」・・・あれ?全然意味が違うぞ?

「Can=~することがある」・・・えっ!?全部バラバラじゃん!!

このように混乱して結局1つずつがむしゃらに覚えるしかありません。

しかし、英文法を正しく勉強していると

「Can=何かの内部に潜む能力・性質を表す助動詞」というイメージがある事が分かります。

その結果、「Can=~できる」、「Can=~しましょうか?」「Can=~することがある」

という一見バラバラに見える意味に共通性が見えてきますよね。

そうすると1つの大きなイメージとして覚えられるので、1つ1つバラバラに覚えるよりも

覚えやすいですし、記憶も定着しやすいです。

万が一、1つ1つの意味を忘れても「Can=何かの内部に潜む能力・性質を表す助動詞」

というイメージを忘れなければ、連想して思い出す事が出来ます。

このように、英文法を学ぶと覚えやすいだけでなく、忘れにくいです。

英語は非常に多くの文法事項や単語があるので、このように効率よく覚えないと

勉強するのも大変ですし、記憶や英語力を維持するのも大変です

非常に大きなメリットがあるので、文法を甘く見ていた人は

もう一度ご自身の文法勉強状況をご確認ください!!

効率的な勉強方法

英文法の効率の良い勉強方法は、瞬間英作文と組み合わせて勉強する事です。大学生が良くやっている文法書通読や文法問題は社会人には向いていないやり方だと思っています。

文法書は大抵辞書のように分厚くて、さらに文字がぎっしり詰まっています。

それを最初から勉強するのは至難の業です。

私が持っている文法書は700ページあります笑

文法を勉強しようとして辞書のような文法書を頑張って取り組む人が結構な数いますが

大抵撃沈しています。

今から紹介する方法は、効率よく、しかも挫折しない非常に優れた方法です。

瞬間英作文について分からない方は、以下の記事で詳しい内容や勉強方法、メリット等

を紹介していますので、是非ご覧ください!

瞬間英作文も非常に効率の良い勉強方法で、私が3か月で英会話習得出来た大きな要因です!

私がお勧めしたいのは以下のやり方・手順です。

1.瞬間英作文をテキスト通り進めながら、疑問点・不明点を見つける

ご自身がやっている瞬間英作文の勉強方法に従って勉強します。ここで、少しでも分からなかったところや疑問があった文法項目にチェックをつけてください。また、何が疑問なのかもはっきりわかるようにしてください。

例えば、「現在完了(完了)の文法項目に疑問がある」、

「現在完了(完了)と過去形の違いが分からない」、

「I have finished my jobがI finished my jobになったらどうなるの?」

このように理解できない理由を明確にしてください。

しないと、次に繋がりません。つまり効率が悪くなります。

その他注意点 「自分の理解度を厳しく評価する事」

疑問点や不明点を確認する際に、自分がこの文法項目を正しく理解しているか厳しくチェックしてください。少しでも怪しかったらチェックをつけるようにしてください。

例えば、We have never been abroad.この英文があった場合、

「been [to] ってつけなくていいの?」

のように、単語に関する事でもチェックすべきです。

載ってなさそうならGoogle先生で検索します。

こうすることによって、「曖昧な理解」「正確な理解」になり、

正しい知識が習得し、記憶が定着しやすくなります。

また細かい問題が後々誤解を生んだりして修正が大変になるリスクもあります。

2.疑問がある文法事項を文法書で確認

瞬間英作文で疑問があった文法項目を文法書で確認します。この時、自信が納得するまで調査を続けてください。

文法書を読んでもいまいち理解できなかったらGoogle先生に聞いたり

この記事のコメント欄やお問い合わせから私に質問してくださっても結構です。

とにかく疑問を残さず解消してください。

文法書には大抵、文法の説明に加えて英語例文が複数あります。

これらを見ながら確認すると、理解の助けになると思います。

例えば、このような流れで調べる事になります。

「現在完了(完了)と過去形の違いが分からない」

「I have finished my jobがI finished my jobになったらどうなるの?」

という疑問に対する調査結果は以下の2つ。

・過去形は現在から離れた過去の出来事・状態

・現在完了(完了)は間近に起こった出来事が与える現在への影響

I have finished my job は「仕事をついさっき終えて、今から帰れる状態を表現したい時に使えるニュアンス」

I finished my jobは「仕事を大分前に終えて、今はオフィスの外等にいる状態を表現したいときに使えるニュアンス」

以上のように、大雑把なニュアンスでとらえると、このように解釈することが出来る。

というように、疑問→調査→調査結果→疑問点の解消(あれば、他の文との比較)

この流れで疑問解決が出来るかと思います。

以上の1,2を繰り返して行っていくことで、無駄な勉強を極力せずに

効率よく文法を瞬間英作文と一緒に勉強していけます!

私も大学受験以来の英語勉強でかなり文法があやふやでしたが

この勉強方法をやったおかげで、勉強効率アップしました!

皆さんも是非試してください!

おすすめ参考書

私は英会話を習得するなら「一億人の英文法」という参考書がダントツオススメです。他の文法書と比べて優れている点はネイティブのセンスを解説してくれているところです。

英会話においてネイティブが教えているかどうかの差は天と地ほどの差があります。

日本語で例えますと、私たちが良く使う「ムキムキ」とかの擬音、

「あれやっといて」とかの抽象表現などなど…

このセンスやフィーリングを日本人に数年住んでいたアメリカ人が

完璧に解説するのは難しいですよね?

それと同様に、ネイティブ以外の人がネイティブのセンスを完璧に解説するのはほぼ不可能なんです。

正しい英語を身に着けるにはネイティブが書いたりチェックした参考書で勉強するのが超重要です。

間違った英語を学んでしまったら、勉強時間の大幅なロスになりますよ!

まとめ

・英文法を勉強する目的は正しい英語を理解し、表現するため

・英語学習の効率化にもつながるメリットがある

・瞬間英作文で理解できなかったところを文法書で勉強するスタイルが一番良い

絶対に辞書みたいな参考書を最初から順番に読もうとしないでください!

いかがでしたでしょうか?

英文法を勉強するメリット、勉強方法などの悩みは解決しましたでしょうか?

あくまで瞬間英作文を中心に勉強するように意識すると効率よく習得できます!

最後まで読んでくださいましてありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!