こんな英語勉強方法は効果ないor効率悪い!該当してませんか? 

英語の勉強をしていると上達しているのかどうか分からなくて「自分がやっている勉強方法が間違っていないか心配」、「時間が無いのに効率悪い勉強はしたくない!」といった不安がこみ上げてきますよね。

私もそうでした。1週間会社で忙しい中、隙間時間を見つけて一生懸命勉強していても
進歩しているのかよくわからず不安でした。しかし結局、私はTOEIC300点台からたった3か月でタイで仕事が出来るレベルまで英会話を習得できました。

今回は必死に勉強して培った私の経験から、この勉強方法は効果ない!効率悪い!というものを紹介していきたいと思います!

もし読者の皆さんがその勉強方法で勉強していたらすぐに中断して効率の良い方法に乗り換えたほうがいいと思います! 

1.テキストに書いてある英語を黙読するだけ

f:id:syachiku_patti:20190526120449p:plain

黙読するだけというのは英語が身に付つ効率が非常に悪いです。身に付いたとしても日本語英語のように不自然な英語が身についてしまいます。

英語に限らず言語を学ぶ際には、まずは音読して文章を音声として記憶に残す事が重要とされています。何度も何度も音読や会話を繰り返すことで音声が記憶残り、無意識的に思い出す事が出来るようになります!

よって、英語を黙読するだけという勉強方法は効率が悪いです!必ず音読しましょう!

音読の重要性、メリットについては別の記事で詳しく紹介しています!音読の重要性がいまいちよくわかっていない方は確認必須です!言語学習における音読の重要性は数々の研究や調査から明らかになっています!

2.口パクやひそひそ声で音読する

f:id:syachiku_patti:20190526121208p:plain

音読をすることは非常に重要なのですが、この時ひそひそ声で音読すると効率が悪くなるという事を経験的に発見しました。大きくハッキリと音読したほうがより一層定着しやすくなります。

実際に私は現在バンコクに住んでいまして、家から会社まで車で通っています。

車は運転手が運転してくれているので、私は後部座席でずっと勉強しているのですが運転手に気を使って、ひそひそ声で発音しています。

1か月くらいこの状態が継続してから、声をはっきりと発生していた時よりも、記憶の定着率が悪いという事に気が付きました。

音読が文章の記憶定着に効果がる理由を簡単に言えば、「自分の声が自分の脳に届いて刺激を与える」というメカニズムなんです。

口パクやひそひそ声だと自分の耳あまり声が届いていないので脳への刺激が弱くなります。その結果、勉強効率が落ちてしまいます…

この経験から私ははっきりした声で音読することをお勧めします!

3.BGMのように聞き流すだけのリスニング

f:id:syachiku_patti:20190526140431p:plain
リスニング教材をBGMのように聞き流して勉強するのはほとんど意味がありません!リスニング力を鍛えるには英語の音声を脳に記憶させることが必須です。なので、集中して聴く、出来ればシャドーイングやリピーティングのように聴いて話すという風にすべきです。

どちらの方法をとるかは勉強する環境に合わせて選択してください。例えば通勤電車の中では「集中して聴く」、家では「聴いて話す」というように使い分けるといいですよ!

英語音声を聞き流すのだけはやめましょう!

4.分からない事を放置したまま勉強を続ける

f:id:syachiku_patti:20190526164725p:plain

理解できない事をノーマークで勉強を続けると、後々間違えて覚えて癖になってしまっていたり、勘違いが発生したりします。自分は何を正しく覚えていて、何を間違って覚えているのか混乱してしまいます。このような状況になると修正が非常に大変です。

出来る限り早く疑問を解消しましょう。一番いいのはその場で調べて疑問解消する事です。もしそれが出来ない場合は、分からないところに「?」などのマークをして、後で分からない事を一気にまとめて調べるといった対策を取ると効果的です。

分からない事を放置せずに確実に1つずつ調べて疑問を解消していきましょう!

5.難しいからと言って使用頻度の低い内容に注力する

f:id:syachiku_patti:20190526170712p:plain

使用頻度の低い内容は大抵難しくて覚えにくいです。だからと言ってそこに時間をたくさんかけてはいけません。使わない事に時間と労力を投資しても効率が悪いです!

例えば、仮定法過去完了、分詞構文とかは会話ではなかなか使いません。でも文構造は結構複雑ですよね!私は全く勉強せず、完全に捨ててました笑

私の場合は社畜リーマンかつ海外赴任までたった3か月しか猶予なかったので、一見やけくそと思える勉強方針でやっていました。

しかし、これが功を奏して効率よく勉強でき、英会話習得という目標を達成する事が出来ました!

また、使用頻度の低い内容を勉強しているとモチベーションが下がってきます。理由は「こんなのいつ使うんだよ?」、「もっと大事な事を勉強した方がいいんじゃないか?」などと余計な疑念が発生します。効率よく集中して勉強を進めるためには、迷いなく勉強できる環境や心理状態が必須です。

時間があるなら徹底的に取り組んでも良いのですが、まずは使用頻度が高いところからやっていった方が効果的ですよ! 

まとめ

・黙読したり、ひそひそ声、口パク、リスニング教材の聞き流しはあまり効果が無いのでやめましょう!

 しっかりと音読することが大切です!

・分からない事を放置するのはやめましょう!

すぐに調べる、?マークを付けて後から調べる等、必ず疑問解消しましょう!

・使用頻度が低い内容を一生懸命勉強するのはやめましょう!

 まずは重要度の高い項目から先に勉強しましょう!

いかがでしたでしょうか?

今回紹介した勉強内容をやってしまっていた方!今日から改善しましょう!

「うわ~やっちまった!どうしよう!」ってショックを受ける必要は全くありません!大丈夫です!今からでも全然やり直せますよ!

諦めなければ必ず英会話習得というゴールに到達できます!

私も読者様たちをいつでも応援しています!勉強相談をいつでも無料で受け付けていますので、この記事のコメント欄からお気軽にどうぞ!

それでは最後まで読んでくださいましてありがとうございました!!

最新情報をチェックしよう!