忙しい社会人や主婦のための英会話学習の目標設定方法

英会話の目標設定はご自身の仕事ややりたい事に応じて設定すべきです。この記事では皆さんの状況にあった目標設定方法効率の良い勉強方針を紹介したいと思います!

こんな人におすすめの記事です!

・急な海外転勤や出張で英語が必要になった人

・海外旅行に行こうとしている人

・留学を考えている人

・海外移住を考えている人

・外国人の友達や恋人が欲しい人

目標設定の重要性

目標設定をすることで、自分がやるべきことの明確化無駄な労力の削減などのメリットがあります。逆に目標設定をしないと、一生勉強をやり続けたり、決して使わないレベルの英語を学んでしまったりしてしまいます。

実際に私と周囲の人たちの例を紹介します。

私はタイへの海外転勤が急に決まり、たった3ヶ月で英語を習得しなければなりませんでした。

「3か月」、「タイ(非ネイティブ)」と目標が決まっていたので、

私はたった3ヶ月でビジネスで使えるレベルの英語を習得できました。

一方で、日本で働いている東大卒の同期はTOEICは900点台と非常に優秀です。

TOEICの勉強を学生の頃から継続しており、英語勉強暦は6年以上あります。

しかし、英語は話せず、使う機会が今後あるか不明です。

私の意見を言わせていただくと「オーバースペック過ぎませんか?」です。

使う見込みもないのに6年かけてTOEIC900点取るくらいだったら

「3年で700点、もう3年は中国語を勉強する」の方が自分のスキルをそれなりのレベルで幅広く持てると思います。

このように、目標設定次第で英語習得期間が数年単位で変動します!

皆さんもこれを機にご自身の目標設定をもう1度見直しましょう!

目標設定の基本的な考え方

具体的な目標設定方法は人によって異なります。しかし、基本的な考え方はどの人に対しても共通するので、まずはそこから説明します。

後にそれぞれの状況に応じた細かい考え方を紹介します。

何のために使うのか?

英会話の目的は「海外旅行」、「海外転勤」、「留学」、「海外移住」等、どれに該当しますか?まずはそれをはっきりさせるべきです。「なんのために使うか=英語の習得レベル」に繋がります。

ちなみに概ねですが、以下のようなレベル分けになると考えています。

海外転職(ネイティブ圏の外資系企業)>留学(アカデミック)>海外転勤(日系、非ネイティブ圏の企業)>留学(語学留学)、海外移住(日本と同レベルの生活)>海外移住(最低限の生活)

技術的な事に使えばそれだけ高度な英語力が必要になります。専門的な単語だけでなく

日本語ですら難しい理論的な説明を英語でしなくてはなりません。

一方で、レストランで食事をする、電車やバスに乗るなど、基本的な生活を送るために使うのであれば必要な英語力もその分低くなります。

英語ではなく、私が住んでいるバンコク(タイ語)の例で恐縮なのですが

簡単な単語だけでも、余裕で生活できています。

「これください」、「こんにちは」、「ここ(地名)に行きたいです」

このレベルで十分生活できます!

このように何の為に英語を使うのかで必要な英語のレベルが変わってきます。

もう1度ご自身が何のために英語を使うのか確認ください!

どこの国で使うのか?

どこの国で英語を使うのかによっても、必要な英語のレベルが変わってきます。アメリカで使うのか、タイで使うのかでは非常に大きなレベル差があります。

公用語が英語の国は日常的に英語を使っているので、会話がスピーディーだったり

ネイティブ表現が使われているため

日本語英語的な感覚では対応しきれない事があります。

つまり必要な英語レベルが高くなる傾向があります。

アメリカに行くようでしたら、ペラペラ英語に慣れなくてはなれませんし

逆にタイのように英語が公用語で無い場合は、カタコトの英語でも十分です。

どうやって使うのか?

英語を話すのか、読むだけでいいのか、書く必要もあるのか?それによっても必要な勉強内容が異なります。

話す、書くが中心でしたら瞬間英作文や音読パッケージを集中的に勉強する必要があります。

メールやニュース記事等の長文を読む能力も必要でしたら長文読解をやらなければなりません。

このように英語の使い方によって、英語の勉強内容も変わってきます。

「何のために英語を使うのか?」と合わせてご確認ください!

いつまでに必要か?

いつまでに英語習得が必要なのかで英語勉強頻度や時間が変わってきます。1日どれくらい勉強しなければならないかが分からないと、無駄に勉強しすぎたり、全く勉強量が足りなかったりしてしまいます。

5年後に海外転職しようと思います!というならば、1日1時間でもいいかもしれませんが

私みたいに3か月で海外転勤しろなんて言われたら、1日3時間でも足りないくらいです!

いつまでに必要か明確でない方はとりあえず1年としてみてください。

1年後に海外旅行や出張の予定を無理矢理入れて追い込むのも効果的だと思いますよ!

状況別の目標設定方法

目標設定方法は人それぞれなので、私がお勧めする状況別目標設定を紹介します。

また、英語レベルを説明するのにCEFR(セファール)という国際基準を用います。

簡単に説明しますと、英語を話せるレベルをテストの点数で評価するのではなく

「~が出来る、~を話せる」という観点で評価した信頼度が非常に高い基準です。

実際に英語圏の英語学校ではCEFRを基準にレベル分けを行っています。

詳しい説明は以下の記事でご確認ください。

海外転勤・海外出張を予定の社会人

ネイティブ圏ならばCEFR B2、それ以外ならB1で概ね大丈夫かと思います。

B2はネイティブとも違和感なくやり取りできるレベルです。

B1は英語で大抵の出来事に対処できます。

実際に私はB1レベルで海外赴任しましたが、業務達成不可という事は一切ありませんでした。

そして、海外赴任後英語の勉強を続けて現時点で4ヶ月経ちますが

たまに出張で話すアメリカ人とも会話できるレベルになりました!

おそらくB2にレベルアップしましたね。

TOEICと英検に換算した点数

・TOEIC

B2・・・920~780

B1・・・780~575

 ・英検

B2・・・2599~2304(1級~準1級)

B1・・・2299~1980(準1級~2級)

勉強方針

仕事に使うので、ビジネス英語を意識して勉強する必要があります。また、メールのやり取りもあるので、英語の重要要素(ライティング、リーディング、スピーキング、リスニング)の全てが必要です。

なので、瞬間英作文音読パッケージをやったのち、ビジネス英語を学ぶのが良いと思います。

いきなりビジネス英語だけだと、スピーキング、リスニング能力向上効率が悪いので注意です!

海外転勤を予定されている方は、日本で勉強するのも重要ですが、

海外に行ってからの方が英語に触れる時間が長くなるので、成長速度が上がります!

なので、赴任時までに間に合わなくても、その成長速度に期待することが出来ます!

勉強方法はこちらをクリック!

海外旅行・海外移住を予定の人

「海外旅行」「海外移住をして最低限の生活で良い」という人にはA1で十分、

「海外移住して日本と同レベルな生活(外国人友達がいる、公的に必要な手続きをする等)」 をするならば、B1は必要かなと思います。

A1はよく使われる日常会話は話せます。(レストランの注文、買い物等)

B1は英語で大抵の出来事に対処できます。

海外旅行や必要最低限の生活って意外と人と話す機会が無いです。

買い物、食事、場所を尋ねるが主で、会話内容も単純です。

大抵はメニューが合ったり、地図を持っているので

「ここ」、「これ」などでも店員さんが察してくれて乗り切れます笑

TOEICと英検に換算した点数

・TOEIC

B1・・・780~575

A1・・・ 310~110

 ・英検

B1・・・2299~1980(準1級~2級)

A1・・・ 1699~1400(2級~3級)

勉強方針

瞬間英作文を通じて日常会話を中心に勉強を行えばよいと思います。

また、このレベルだと「英会話」と言いつつ、こちらが尋ねる事がメインになります。

質問の仕方を中心に勉強するとより効率が良いと思います。

ご自身が海外に行った場面をイメージをしてみてください。

レストランで注文したり、場所を尋ねたりする事が多いと思いませんか?

日本人の友人同士みたいにペラペラ話しませんよね?

安心してください!超簡単なレベルでいいんです!

勉強方法はこちらをクリック!

留学を予定の学生

「語学留学」ならばB1「アカデミック留学」ならばB2はあったほうがよいと思います。

B2はネイティブとも違和感なくやり取りできるレベルです。

B1は英語で大抵の出来事に対処できます。

語学留学に行くのであれば、コミュニケーションレベルがある程度高く無いと

周囲が何を言っているのか理解できず、ほとんど英語を話せずに毎日を過ごす事になります。

そうすると何のために留学しているのか分からなくなってしまいます。

英語を勉強するために留学するのに、それにはそれ相応のレベルが無いと

効果を発揮できないと私は考えています。

特にアカデミックは研究成果が求められると思うので、英語が出来ないと成果が出ずに下手すると憂鬱な気分になるのではないでしょうか?と心配です。

TOEICと英検に換算した点数

・TOEIC

B2・・・920~780

B1・・・780~575

 ・英検

B2・・・2599~2304(1級~準1級)

B1・・・2299~1980(準1級~2級)

勉強方針

瞬間英作文音読パッケージを用いて日常英会話を中心で良いと思います。しかしアカデミックの方は、ご自身の分野の専門用語にも理解を深めておく必要があります。

日頃から関連する英語論文を読んで少しずつ覚えていくのが良いと思います。

勉強方法はこちらをクリック!

勉強方法

英会話の勉強で圧倒的にお勧めなのが、瞬間英作文と音読パッケージです!

実際に私が3か月で英会話を習得した際に用いた勉強方法です。

瞬間英作文はリスニング、スピーキング、ライティング、リーディング全てに効果がある非常に効率の良い勉強方法です。

音読パッケージはリスニング強化に特化しつつも、リーディングやスピーキングにも効果がある非常に効率が良い勉強方法です。

この2つに関しては以下の記事で紹介しているので

こちらも併せて参照ください

まとめ

・目標設定を誤ると時間の無駄になります。

正しく設定すると効率化され、目的に合った英語力が適切な労力で身に付きます

・目標はご自身の状況によって設定するべき。

具体的な目的を明らかにする事

・勉強方法は瞬間英作文音読パッケージにほぼ集約される

 

いかがでしたでしょうか?

私たちは基本的には忙しくて時間がありません!

効率よく英語を勉強して最低限の労力で実用的な英語を身につけましょう!!

最後まで読んでくださいましてありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!