忙しい社会人が海外転勤に向けて英会話勉強を3か月間続けた結果

この記事では私が海外転勤の辞令を受けてから実際に赴任するまでの3か月間の勉強成果と勉強内容を1月ごとに紹介します。

英語の勉強をどれくらい続けたらどんなレベルになるのか気になりますよね。

そんな読者様の為に私が3か月間勉強した結果と進捗を紹介します!

私の勉強結果を見てモチベーションを上げたり、何が自分と違うのかを見つけてご自身の勉強を改善するのに役立ててください!

実際に私も3か月間の間に海外赴任した後に英語が通じるか不安になることが何回もありました。そのたびに他の人の勉強体験記を参考にしていました!英語の勉強で悩んでいる皆さんの為になれるように今回この記事を書きます!

勉強開始時と3か月経過後の比較

f:id:syachiku_patti:20190521011558p:plain

英語の基本的な要素毎に「勉強開始前」「3か月経過後」を比較していきます。最も大きな変化は「日常会話の大抵の状況ならば英語で話せる」という事です。おかげで「自分は海外で生きていける」という自信になり、人生の選択肢が大きく広がったのを感じました。

なお、日常会話だけでなく、仕事でも基本的なやり取り(会議や飛行機の予約等)も苦労することなくこなせます。他にも技術的な内容で理論・論理が求められる場面でも、スムーズに話せず説明に苦労はするものの、相手の理解は得られています。

従って仕事を進めるのに必要な英語力は十分持っていると考えられます。

たった3ヶ月で英語力の国際標準であるCEFRA1B1相当にまで向上しました。

短期集中でも必死で勉強すれば英会話を十分習得できる事が分かりました。

CEFRとは世界中で参照されている英語レベルの国際基準です。英語レベルを「~が出来る」、「~を話せる」という観点で評価した基準でして、海外の英語学校ではCEFRを元にクラス分けがされています。

CEFRは自分の英語レベルを知るだけでなく、目標を立てるのにも非常に参考になる指標なので「知らなかった」という人は別の記事で詳細に紹介しているので確認下さい!

どこからが「英語を話せる」レベル?英語を話せる基準について

勉強開始時の英語レベル

英語の勉強は大学受験以来しておらず約10年の空白がありました。TOEICは入社時に受けさせられた結果、300点台という会社の同期中最低点を叩き出してみんなから馬鹿にされました。「問題を見ずに適当にマークしたほうがいい点とれる」と言われたのがいまだに良い思い出として記憶に残っています笑

大学受験で培った英語力はほとんど失っていました。英単語、過去形と現在完了の違い、仮定法の使い方、冠詞の使い分け等様々な事を忘れてしまっていました。

「大学受験での苦労は何だったんだろうか…」、「こんな状態で海外で働けるのか?」という絶望的な状態からスタートしました。

1か月経過した結果

まず真っ先に効率の良い勉強法を調べました。その結果、瞬間英作文音読パッケージという革命的な勉強方法を発見しました。

瞬間英作文とは日本語文章を見て、英文を暗唱するという方法です。スピーキングに特に効果があり、リスニング、ライティング、リーディングと英語の重要要素全てに効果がある最強の勉強方法です。

音読パッケージとはリスニング・シャドーイング・リピーティングをまとめて1つの参考書で行うという勉強方法です。リスニングに特に効果があり、スピーキングにも効果があります。

勉強方法やメリット、効果などを別の記事で詳細に紹介しています!「知らなかった」「自分もやってみたい」という方は確認必須です!

また2週間目あたりからベルリッツの短期集中ビジネスコースに通い始めました。

海外転勤者向けに英会話を無料で通える福利厚生があったのでそれを利用しました。

勉強開始後一か月経過した結果について「出来るようになった事」に分けて紹介します。

出来るようになった事

f:id:syachiku_patti:20190522231429p:plain

最も大きく成長を実感したのは、文法や単語を思い出した事ですね。この時点ではスピーキングに大きな成長は感じませんでした。しかし、思い出すことで今後の基礎がしっかり安定して、勉強効率が向上したのを2か月目以降実感しました。

勉強内容

ひたすら瞬間英作文音読パッケージをやって、疑問点はその都度Googleで調べたり文法書を見て解消していました。この作業が非常に重要で、「分からない事を放置しない」というスタイルを終始貫きました。分からない事を放置すると後々大きな問題に発展しやすいので、すぐに疑問点は潰す事が成功の秘訣です!

そして英会話教室は土日に通い、「平日で勉強した内容を試す場所」というスタンスで利用していました。なお、最初の1か月は思うように話せずもやもやしていました…

1日の勉強時間は平均約3時間です。これは3か月ずっと同じペースでやってます。出勤前、出勤中、昼休み、帰宅後と隙間時間を見つけては英語に全力投資してました。

なお、文法の勉強方法は別の記事にて詳細に紹介していますので、「効率のいい文法の勉強方法を詳しく知りたい!」という方は確認必須です!

2か月経過した結果

f:id:syachiku_patti:20190522232306p:plain

2か月目にしてかなり成長を実感しました。まずスピーキングで自分から短い文章を話せるようになりました。さらにリスニングでも話の内容を概ね理解できて、分からない事があっても英語で質問して聞き返せるようになりました!そのおかげで質問を駆使すれば相手の話を確実に理解できるようになりました!文法と単語もどんどん思い出してきて、会話でも活用できるレベルがかなり広がりました!発音もリエゾンをほぼ完ぺきにマスターしてリスニングの時に「え?今なんて言った?」っていうのがほとんどなくなりました!

勉強内容

1か月目と同様にひたすら瞬間英作文音読パッケージを進めました。1か月目との違いは勉強範囲が参考書の後半に移りましたね。これで参考書のほぼ全体を勉強したことになりました。

なお、単語に関しては単語帳を使っての勉強は一切していません。単語帳で単語を勉強するのは非常にデメリットが多いです。瞬間英作文と音読パッケージと英会話教室に出てきた単語だけを覚えるようにしていました。2か月目の内容からはやや外れますが、非常に効率が良いお勧めの単語勉強方法を別の記事で紹介していますので、「単語帳を使って英単語を勉強している方」は確認必須ですよ!

3か月経過した結果

f:id:syachiku_patti:20190522234127p:plain

最も成長したのはスピーキングとリスニングでした。3か月経過して瞬間英作文音読パッケージに大分助けられたと実感しました。英会話力に直結するこれらの能力を伸ばすのに最も効果がある勉強方法なのは間違いありません!そして意外にもライティングも成長を実感できました!これはスピーキングとライティングに深い関係性があると考えています。話せる=書けるという事だと思います!ライティング専用の勉強は一切不要という事が分かりましたね!さらに発音に関してネイティブから「発音はほとんど問題ない」と言われたのは非常に嬉しかったです!これは音読をする際にCD音源を完コピするつもりで挑んでいたことが成功要因だと思っています。

以上の成果でタイで働くのに問題ないレベルの英語力をたった3か月間で習得することが出来ました!

勉強内容

今までと同様にひたすら瞬間英作文音読パッケージを進めました。今までとの違いは全体を入念に復習したことで、各項目の精度が上がったというところですね。

まとめ

・3か月1日約3時間勉強、効率よくすれば日常会話レベルなら十分に習得できる

・勉強内容は瞬間英作文と音読パッケージに全て集約できる

いろんな参考書を買う出費、予習復習のスケジュール管理等の無駄が一気に削減できます!

・英会話教室がモチベーション維持と勉強成果確認のカギ!通える環境なら通うべき!

いかがでしたでしょうか?

私の3か月の軌跡を少しはイメージできましたでしょうか?

3か月で英語マスターなんて嘘っぽく聞こえるかもしれませんが

紛れもない事実です。実際に私はタイ人の部下100人相手にタイで仕事できています!!

日本人がやりがちな英語勉強方法にどれだけ無駄が多いか、TOEIC等の試験が英会話力と関係が無いかを身をもって体験しました。

この体験を読者皆様に知っていただいて、英語と海外へのハードルを下げて欲しいと切実に願っています!

それでは最後まで読んでくださいましてありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!