新卒・新人だけど仕事を辞めたい人にこそおすすめする海外転職

f:id:syachiku_patti:20190504134850p:plain

新卒だけど早速仕事辞めたい…

給料低すぎて生活苦しい!

キャリア形成できる気がしない

長時間労働で身体的にも精神的にもきつすぎる!

何か思ってた会社と違うな…

この会社で一生働ける気がしないよ…

こんな悩みを抱えているのではないでしょうか?

楽しかった学生生活とは一変して、理不尽で無慈悲な社会人生活。

私もかつては似たような気持ちを抱いていたので

辞めたい気持ちが凄くわかります。

「もうあと1か月様子見て状況が変わらなかったら、辞めよう…」

そう思った時に海外転勤の辞令が下されて私の人生が大きく好転しました。

なんと、以下のメリットが同時に発生しました

・労働時間が同じにもかかわらず給料が2倍(手取り700万円)

・英語が身に付いた(英会話、ライティング、リーディング全部)

・今後の人生のイージー化がほぼ約束された

・日本とは違う人生観を手に入れた(ストレス溜めてまで働かなくていいんだ)

・40代早期退職・アーリーリタイアが視野に入った

 (労働からの解放、真の自由の獲得)

結論から言いますと、

今日本で仕事して、仕事に不満がある・辞めたいと思っている方は

海外転職することを強くお勧めします。

海外転職こそ手っ取り早く、人生レベルを向上する方法です。

私は自分自身の海外転勤をもって、実感しました。

私がおすすめ理由、実際に海外で働くにはどんなスキルが必要か?

どの国がいいか?おすすめの職業はあるか?

早期退職は視野に入れられるか?などを

実体験を元にこの記事で説明します。

この記事でわかる事

日本で働く事と海外で働く事のメリット・デメリット

海外で働くために必要な能力

社会人でもできる効率的な英語勉強方法

日本人が働くのに適した国

おすすめの職業

おすすめの転職エージェント

海外と日本のメリット・デメリット比較

給料やストレス等、気になるところを以下の表で比較します。

「給料」や「労働時間」といった各項目の評価は

一般的に認識されている事として書きました。

そして、その下に「私の場合」を紹介してます。

*3年目、30歳時点のデータ

f:id:syachiku_patti:20190506111148p:plain

見ての通り、海外の圧勝です!

表のまとめ

・労働時間や治安といった不安な要素は日本と同レベルで

ストレスに関してはゼロになりました。

・スキル、キャリアに関しては着実に積み上がっています。

やりがいもある事から、今後も成長する期待が持てます。

・給料や住居が格段とランクアップしました。

これがより一層のやりがいに繋がり、また給料が上がる可能性がある…

と正のスパイラルを生みます。

以上の結果から

私はもう二度と日本で働きたくないと思っています。

また、給料や住居に関しては別の記事にてより詳細に説明しています。

こちらも併せてごらんください。

 

海外で働く事に少しは興味を持っていただけましたでしょうか?

それでは、「どうすれば海外で働けるのか?」を説明する前に

「海外で働くためにはどんな資格や英語が必要なのか?」を説明する必要があります。

海外で働くのに必要な能力

私は基本的にたった2つしかないと思っています。

1.メンタルが強い

2.自分の考えを周囲に発信できる

これは割と、多くの方がお持ちなのではないでしょうか?

そして意外にも英語力は必須でないと思っています。

身振り手振りや単語の羅列でも

「絶対にこの思いを伝えてやる!」という気概があればコミュニケーションを取れるからです。

実際に私の職場に、出川イングリッシュばりの英語を話す日本人がいますが

普通に仕事できていますよ。

f:id:syachiku_patti:20190428121031j:plain

ただし、詳細は求人次第ですね。

専門知識や英語力を厳密に要求するところもあると思います。

それでも基本的に重要な能力はたった2つです。

1.メンタルが強い

2.自分の考えを周囲に発信できる

意外と自分でもやっていけるんだ!

という感覚を持っていただけたらと思っています。

もし、「自分にはそんな能力無いよ…」って思った方でも

とりあえず、転職エージェントに無料相談してみてください。

「海外で働きたい!」という気持ちも大切ですよ!

とにかく行動してみる、その結果を見て考えてまた行動するという

PDCAサイクルを高速で回すのです!

なお、海外で働くために必要な能力の詳細は別の記事で紹介しています。

こちらも併せてご覧になってください。

 

仕事で忙しい社会人にもできる効率のいい英語勉強方法

私は働きながら英会話を勉強してたった3ヶ月でタイで働けるレベルまで上達することが出来ました。当ブログでは私が実際に行った勉強方法を紹介しています!

 

英語能力は必須ではないと言いましたがあったほうが便利なのは間違いありません。

ちなみに、海外転勤が決まった時点での私のTOEIC点数は300点台です爆笑

会社の同期の中で圧倒的な最低点数で、飲み会の度に馬鹿にされてました笑

「問題を見なくても適当にマークつければお前よりいい点とれる」と言われたのは一生記憶に残るでしょう笑

 

基本的には以下の2つだけを集中して行えば十分です。

1.瞬間英作文

2.音読パッケージ

 

実際に習得するまでに必要な事は以下の記事で紹介しています。「時間が無いけど短期間で英会話を習得したい!」という方には圧倒的にお勧めです!

TOEIC300点の社会人が3か月で英語を話せるようになった勉強方法

 

これで必要な能力はお話ししました。

次にどんな国良さそうなのか紹介します。

日本人が仕事するのに適した国

私が実際に住んでるタイがお勧めです。

外務省が発行した「2018年度版の海外在留邦人調査統計」によりますと

日本人が住んでいる人数が多い国ベスト5は以下の通りです。

1位 アメリカ

2位 中国

3位 オーストラリア

4位 タイ

5位 カナダ

海外在留邦人調査統計 平成30年要約版

外務省領事局政策課

https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000368753.pdf

日本人が多く住んでいる=日本人向けの店やコミュニティがあるので安心です

この中でタイは差別や銃の恐れがほとんど無く、最も治安が良いです。

また日本からも飛行機片道6時間と近い部類です。

日系企業の進出も多く、その数なんと約10000社!

それだけチャンスがあるという事ですね。

タイの日系企業リスト

The Research company DATAMAX Co., LTD.

http://www.datamax.co.th/assets/files/list/JDP_8.Jul.16.pdf

他の候補としては、ベトナムや台湾などのアジアも良い印象があります。

理由はタイと同様で、治安がいい日本から近いからです。

また、アジアは全体的に今後も成長すると予想されているので

海外転職は追い風ムードだと思ってます。

またアジアは大抵の国では英語が母国語でないので

お互い理解しあって仕事ができます。

逆にアメリカだと、「なんでこいつは英語話せないんだ?」っていう態度を

取られるとのことです(弊社アメリカ拠点の実話です)

最初の海外転勤はタイがお勧めです!

私もタイに住んでますが、全く不満がありません!

むしろずっとこの暮らしをしたいです!

海外で働くのにオススメな職業

基本的にはご自身の今の職業で転職するのがいいのではないでしょうか。

職業を変えたい!という方には、私はITエンジニアや生産技術者、

プラントエンジニア、工場管理者のような技術者をお勧めします。

なぜなら、「技術者」は希少性があります。

さらに「英語が話せる技術者」はより一層希少性があります。

さらに「海外経験があり英語が話せる技術者」というのはなお一層希少性があります

希少性が上がれば上がるほど、給料も上がる傾向があります。

自分のキャリア形成には欠かせない要素ですよね。

海外で働くだけで、「英語が話せる」、「海外経験がある」の2つが同時に

手に入ります。物凄いお得ですね!

仮に海外が肌に合わなかったとしても、日本でその技術を元手に

別の職業に就くこともできると思います!

技術者は食いっぱぐれ無いのです!

勿論、営業のように技術職でない人でも全く問題はありません!

英語が話せるとより広い範囲に営業活動を行うことが出来ます。

私の会社の営業はアジア全体が活動範囲です。

毎週まるでアジアツアー旅行の如く出張してて、オフィスで見たことありません笑

この職業は海外に向いていないというのはあまりないと思ってます。

大切なのは「海外で働きたい!」という気持ちだと思いますよ!

おすすめの海外転職エージェント

DODA

転職で有名なDODA(デューダ)です。

無料転職支援サービスを受けてみてください!

勤務地が載ってるのであらかじめ、その国・地域の治安等の情報を入手できるから

安心して海外に行けますよ。

日本と比べると、結構給料のいい条件の求人がたくさんありますよ!

これだけで海外が持ってるポテンシャルを感じますよね♪

最後に

いかがでしたでしょうか?

海外で働くというのは、全く想像できない事だとお察しします。

私もそうでした。

でもいざ行ってみると、「海外転勤してよかった!人生逆転した!!」

と心の底から思ってます。

海外転勤はキャリア形成の上で素晴らしい効果を発揮します。

1.海外赴任で給料上がって、スキルアップ

2.スキルがあるから給料アップ

3.給料アップのためにスキルアップ頑張ろうとする

(やりがいがあって楽しい!)

4.2~3の繰り返し

もっと言うと、スキルがあればより条件の良い企業に転職しやすくなります。

海外はこのような正のスパイラルに乗る事が出来ます!

これが人生のイージー化です!

一方日本は基本的に終身雇用なので、どんなに頑張ってもサボっても

給料はほぼ一定です…

やりがいも当然なく、だらだら働くだけの毎日ですよね。

海外赴任前の私は「これをあと30年近くやるのか…」と深く絶望してました。

一流企業ですらこの有様ですよ笑

それほどまでに今の日本の就業事情は絶望的だと心底感じてます。

今の会社に絶望している人こそ、海外に行ってみてほしい

心の底から願っています。

きっとご自身にとって一生ものの宝が得られると思いますよ!

最後まで読んでくださいましてありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!