海外駐在の給料公開!海外赴任すれば日本の2倍儲かります!

海外転勤すれば給料が日本で働いていた時とは比べ物にならないくらい貰えるようになります!今回は私の給料を正直に紹介することで、これから海外転勤を予定している方、これから転職などで海外に行こうか悩んでいる方の助けになればと思います!

 

結論から言いますと・・・

手取りが約2倍に増えました!

超ハッピーです!!!!

f:id:syachiku_patti:20190425230547p:plain

それでは以下の目次に従って、紹介しますね。

この記事を読んで海外赴任に興味を持っていただけましたら幸いです。

私は確実かつ手取り早くお金を稼ぐ方法として優れていると思ってます。

・日本と海外の給料比較

日本と海外での給料・労働時間の比較を以下に示します。

日本

年収(手取り)350万 労働時間 年2400時間

海外

年収(手取り)720万 労働時間 年2400時間

*両者有給休暇は未使用として算出しました。

*社会人3年目時点の給料で比較しています。

労働時間が同じなのに手取りは約2倍になりました!

つまり、時給2倍!!これは素晴らしい!!

「仕事編」で紹介したように駐在員ならではの過酷な状況は確かに存在します。

その分リターンとしてしっかり給料に反映されています!

 

次に「何故こんなに給料が増えるのか?」というところを見ていきましょう。

・海外手当一覧(給料としてもらえる)

海外赴任者には特別手当がたくさんつきます。

これらの手当が給料に加算されます。

野菜マシマシ、油多め、麺堅め、全部乗せ状態!

1つずつ紹介しますね。

 -ハードシップ手当

これは日本と比べて治安が悪いという建前でもらえる手当です。

バンコクは日本並みに安全なので、貰い得な感じですねっ笑

 -海外赴任手当

海外赴任してるという理由でもらえる手当です。

これも貰い得って感じです笑

 -物価手当

日本と同レベルの生活を送るために必要な物価の差を埋めるための手当です。

これは衣食住だけでなく、医療・レジャー等の様々な要素を考慮に入れて

算出されています。

タイの物価は日本の1/3と言われており、本来この手当は不要なはずなのですが

支給されています。

おそらく、日本食や関税が影響していると思います。

いくらバンコクでも日本食を食べようと思ったら関税の影響で日本より高いです。

また、同様に関税の影響でタイ以外のメーカーが作っている商品は

軒並み日本より高いです。

例えば、ナイキのシューズ、アディダスのスポーツウェア、iPhoneなどなど…

そうだとしても、実際はそんなに買い物したりしません。

日本から必要なものは持っていきますし、家具も最初から

全て備え付けられています。

 -勤務地手当

私の会社には勤務地手当というものがあります。

これは勤務地によって物価の差や車の必要有無があるため、

不公平が無いように定められています。

海外には勤務地手当に関する計算がされていません。

そこでなぜか東京本社に勤務しているものとして計算されます!

(本社の手当が最も高い)

以前の勤務地ではこの手当はほぼゼロだったのでありがたいです!

 ー帰国手当

1年に3回(GW、お盆、正月)日本に帰省する分の費用を埋めるための手当です

実際は移動で1日近くかかるので帰省なんてしません。

しんどいし、無駄な時間を浪費するばかりです。

その代り全て給料として入ってきてくれます!

 ーみなし残業手当

海外は残業代が出ません。無法地帯です。涙

しかし、それでは流石に気の毒なのでみなし残業手当がついています。

たったの20時間分ですけど笑

ないよりましですね。

 ー海外家族手当

結婚してる人がもらえる手当です。

単身赴任でも家族同行でも貰えます。

日本でも家族手当があるのですが、それに加算されます。

非常に手厚い手当です。

以上が海外手当です。

「なんか無駄な手当多くない?」そう思った方が多いと思いますが

これは会社も認めた上でこうなっています。

物凄いラフに言うと

「海外に飛ばしちゃってごめんね、嫌なのは分かってる、

せめてもの気持ちとしてお金あげるから頑張って」

という事なのです。大マジです。

おかげでめちゃくちゃ頑張れてますよ!感謝感激雨あられです!!

・その他の海外手当(福利厚生サービス)

 ー病院無料

その名の通り、病院が無料です。

一切お金がかかりません、後から請求もされません。

保険がきかないとされている歯科も無料です。

会社が海外赴任者用に保険に入っており、その保険から降りてるみたいです。

海外では慣れない気候や食べ物で調子を崩しがちです。

そんな時に非常にありがたい手当です。

 ー英会話無料

英会話に限らず海外で必要な言語(タイ語、中国語等)を

学習するのに要する費用を1年分丸々負担してくれます。

海外転勤は英語を身に着ける千載一遇のビッグチャンスです 。

しかも、日本なら高い金払ってまで行くところを逆に金貰って通えます!

ラクルだ!笑

 ーハウスキーピング

海外転勤すると、日本の家が空き巣状態になってしまう人が中にはいます。

そんな人の為に、定期的に家を清掃してくれるサービスを無料で行ってくれます。

私には暗に「帰ってこなくても大丈夫だよ!」って言われてるみたいです笑

 ー倉庫貸し出し

海外転勤の際に、海外には不要なものが生じます。

布団や机、イス、自転車、電源ケーブルなどなど…

そういったものを倉庫に保管して、しかも定期的に掃除してくれる手当です。

もちろん無料!

私には暗に「安心して海外行ってこい!」って言われてるみたいです笑

ただし、車やバイクは保管できません。

なので親戚や友達に売ったり預けるしかありません。

私も実際売りました…涙

以上がその他の海外手当(福利厚生サービス)です。

英会話無料と病院無料が非常にありがたいですね。

安心できるうえに、スキルまで無料で身に着けられるなんて!

「海外は金貰ってサービスを受けられるのか」と勘違いしてしまいそうですよ笑

・まとめ

ー海外赴任すると日本と比べて時給ベースで2倍になります。

責任や苦労は2倍以上だけど、感覚としては物凄いお得です!

ー海外手当で給料が嵩増しされまくる。

ー福利厚生も半端ない。

特に、英会話無料は英語をただで身に着ける絶好のチャンス!

英語は一生物のスキルです。

英語が出来れば、情報収集能力が格段にアップします。

ネット、Youtube、新聞、映画などなど…

世界がグンッと広がるのが分かりますよ!

私は勉強初めて3~4か月くらいで英語が話せるようになりました!

(TOEIC300点台でした笑、会社の同期の中で圧倒的最下位です)

私は海外赴任を心の底から強くオススメします。

実際に辞令をいただいた時は、物凄い恐怖と不安を感じました。

その場でめまい・手と唇の震え・呼吸がおかしくなったほどでした。

そのあと2ヶ月くらい憂鬱な気持ちでした。

でも着任してすぐに、

「千載一遇のチャンスを手に入れたぞ!!」と思うようになりました。

私が海外赴任の辞令を受けてから着任してしばらくの期間の話に関しては

また別の記事にて紹介したいと思います。

海外勤務に興味がある方は試しにDODAから

無料転職支援サービスを受けてみてください!

日本と比べると、結構いい条件の求人がたくさんありますよ!

これだけで海外が持ってるのポテンシャルを感じますよね♪

今までの記事で海外駐在生活の仕事編と住居編も紹介してます。

こちらも併せてごらんください!

 

*なお、今回の内容はあくまで「私の会社の場合」になります。

会社によって当然規定が異なると思いますので、

ご自身の給与・福利厚生規定等をご確認くださいませ。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!